プロフィール

はなじり

Author:はなじり
どーも!

はなじりです。

25才ですわ。もうね、オサーン化始まりました。

最近転職したリーマンです。

日々の出来事、雑記を

乗せています。


「はなじらー」になりたい方はリンク


ペタペタはってくださいねぇぇぇ !(゚д゚;)

FC2ブログランキング

ぽちっとな~(´- `*)

FC2ブログランキング

押してくれたらウレシイデス☆

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

夢の続きへようこそ
人生は一度きり!!笑って、泣いて、幸せになりたい!!リーマンだお。
スポンサーサイト 
【--/--/-- -- --:--】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月のラヴソング2 
【2006/11/03 Fri 15:28】



お待たせしました。



昨日の続きです。





どうぞ






心臓がドクドクと音を立てて


頭が混乱してきた。

ほんの1分くらいだったんだろうけど

ものすごく長く感じた。


なんて言葉を発すればいいかわからず、黙っていると

の「寒いから車・・・もどらへん・・?」

突然の言葉にはっと我にかえった。

は「お、おぉ。」




手をつなぎながら歩いて車に戻り

エンジンをかけ暖房を全開にした。

の「うぅー、さむっ!」

は「ほんまやなぁ」

のり子を見ると寒いのか恥ずかしいのか

顔が真っ赤になっていた。

は「お前・・・・りんごみたいやぞww」

の「えっ!?何が・・・って、もう、うるさいなぁ!さむかってんから!・・・・でも・・はなじり・・あったかかった・・・」

こいつ・・・萌えさせるぜ・・・

のり子が彼女かぁ・・・全然かわいいんやけど・・・

今まで妹みたいな感じやったし・・どう接したらいいんかな・・

とりあえず車を出して近くのコンビニへ。

は「ちょい待っとけ」

の「う・・ん??」

俺はおでんをいくつか買って車にもどった。

は「ほい、寒いやろ。食べ。」

の「あ、ありがとう・・」

ハフハフいいながらちくわを食べるのり子は

確かにかわいい。女としてみてる自分がいる。

の「はなじりも食べ。」

そういって大根を一口、俺の顔の前に

持ってきた。

俗に言うアーン状態である。

すこしとまどったが口を開け

大根を食べる。

は「うまいな。」

の「うん。」


おでんを食べて

当てもなく車を走らせた。

ボーーッという傍迷惑な車のマフラー音と

暖房で少しまぶたが重たくなってくる。

時計を見ると12時を少しまわったところ。

の「あっ、クリスマス、終わったな・・・」

時計をみながらのり子がつぶやいた。

は「うん・・・・俺、明日も仕事やぁ・・・どうしよ?のり子ホンマにかえらへんねんな?俺んちは無理やし・・・」

と周りを見渡せば・・・・ラブホテルっつーのが立ち並ぶ。

こんなドラマみたいなことあるんかよ・・?

六甲を裏側におりた一部はそういった通りがある。

今まさにそこ。

のり子をみると心配そうな申し訳なさそうな顔をしてる。

の「はなじりは・・・私のこと・・・好き・・なん?」

は「えっとぉ・・・うーん・・妹みたいな感じなのは事実。でもさっきからお前をオンナとしてみてるのも事実。ちょっと混乱気味・・・」

の「・・ごめん・・

は「いや、別にあやまらんでも・・うれしかったしな!」

の「ほんま?」

嬉しそうな顔をするのり子。

うん、かわいいやつや。

俺はのり子の様子を伺いながら

立ち並ぶホテルの一つに車を入れた。


車を降りてのり子にこう聞いた。

は「こういうとこきたことある?」

のり子は下を向いて無言で左右に首を振った。

は「そっか・・緊張すんなよ!寝るだけやし!」

の「・・・・いいで・・・はなじりやったら・・・」

は「待て、その気持ちは嬉しいけど、焦るな。俺の気持ちも整理させてくれ。」

の「うん・・・」


部屋のパネルの前に行くと

さすがクリスマス。

あと2部屋しか空いてなかった。

は「のり子、どっちがええ?」

の「え??どっちって・・・どっちでもええよ。」

俺は高い料金の方を押した。

12000円・・・

まぁクリスマスやし、ええか!?


鍵を持って部屋へ。

部屋を開けると結構ゴージャスな部屋。

ベッドとかお姫様のやつみたいやし・・・(汗)


の「きゃーーーっ、かわいい!!すごぃ!ほらほらお姫様みたいやし!」

ベッドの上で満面の笑み・・・

の「そっか・・ここで・・・するんや・・・」

は「へ?」

の「いや、なんもない・・・」

微妙な沈黙が・・・

突然俺の携帯が鳴り出す。

なんや?と思いながらみると

「悪寒」

うわっ、やばっ晩飯忘れ取った・・・

は「はい・・」

悪寒「あんたっ!どこおんの!!??電話してもずっと圏外やし!明日も仕事やろ!どこおんの!?」

は「いや、あの・・ちょ・・え・・慶介んちでクリスマスパーティーやっとるから来いっていわれて・・・泊めてもらうからいいわ。」

慶介は中学時代からの地元の連れ。悪寒も知ってる悪友。

悪寒「慶くんち?あんたはぁ・・迷惑ならんようにね!仕事行きよ!」

プッ!!


よかった・・・あぶね・・

冷や汗かいたわ。


のり子を見ると

wwwwな状態。

こいつ・・・・面白がって誰のせいやねん!

は「はいはい、俺は疲れてんの。風呂入れんで。」

の「あっ、あたしがいれるーーー!!」

といい風呂場へ走っていく。

の「うぉおおっぉおぅ!何なんこれー!?」

うるさいなーと思って風呂へいくと







鏡張り




は・の「!(゚д゚;) 」


は「と、とりあえず湯いれよーや・・・。」

ノブを回して適温になってから湯船の栓をする。


の「・・あのお風呂怖い・・・」

は「まぁ不気味やわな・・ww」

の「一緒にはいって!!!!」

は「( ゚д゚)ヘッ?」






続く



スポンサーサイト
この記事に対するコメント

まぁぁぁたぁぁぁぁ??
早く続きが知りたい!
続きが知りたいってか、結末が知りたい!
最後「な~んてことがあったらいいな☆」
みたいなんで終わらんやんなぁ?
【2006/11/03 18:11】 URL | いちご #- [ 編集]


>いちご
まぁ、まっとって下さい。ながーーーーーーーーーーーーーーーーーーいお付き合い京都銀行
【2006/11/03 19:37】 URL | はなじり #- [ 編集]


次の回は官能小説 になるんですか?
まさか、ここまでドキドキする展開になるとは
想像してなかったです!!

ちょっと恥ずかしくなりました!!
ぼくも…のりちゃんホント好きです!!

台詞の一つ一つがカワイイです!!ちょっと男が好きな言葉を知ってますね!!

続き絶対見に来ます!!
「夢の続きへようこそ」から目が離せませんね!!

ん?夢の続きへようこそ?

僕も思ったんですが…
最後「な~んてことがあったらいいな☆」
みたいなんで終わらんやんなぁ?

【2006/11/03 20:56】 URL | がに #- [ 編集]


あぁ~~ドキドキしたぁv-238

はな君の恋話なの??ノンフィクション??
ま、まさか“妄想”とか???

とりあえず明日また見に来ま~~~す
【2006/11/04 00:49】 URL | ゆき #3v9IlUEY [ 編集]


>ガニさん
もっとドキドキしてください。
油でギトギトになってください。
期待はしないでください。


>ゆきさん
フィクション?ノンフィクション?
ヘックション!!・・・風邪かな?
【2006/11/04 10:20】 URL | はなじり #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ashitagamienai.blog55.fc2.com/tb.php/59-6ed459ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。