プロフィール

はなじり

Author:はなじり
どーも!

はなじりです。

25才ですわ。もうね、オサーン化始まりました。

最近転職したリーマンです。

日々の出来事、雑記を

乗せています。


「はなじらー」になりたい方はリンク


ペタペタはってくださいねぇぇぇ !(゚д゚;)

FC2ブログランキング

ぽちっとな~(´- `*)

FC2ブログランキング

押してくれたらウレシイデス☆

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

夢の続きへようこそ
人生は一度きり!!笑って、泣いて、幸せになりたい!!リーマンだお。
スポンサーサイト 
【--/--/-- -- --:--】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月のラヴソング4 
【2006/11/07 Tue 11:20】









みなさん、スマソ。

ちょと忙し感じになってたはなじりです。

今日も急ぎ足です。

内容も急ぎ足です。

でも、きっちり書きます。

今日で最終回かも・・・・・?

初めての方は

こちらを

1話
2話
3話



ではどうぞ






5分くらいだろうか?

のり子を抱きしめていた時間は。

落ち着いた様子ののり子の

頭を撫でながらこう言った。

は「大丈夫か?」

の「う、、うん。」

くぐもった声で答えた。

の「あんな、はじめてはなじりと出会ったんが4年前やろ?私は高校3年、はなじりは大学2年。すっごい大人な感じがして違う世界の人みたいやった。お互い彼氏、彼女おったから私は特になんも恋愛感情とかはなかったわ。でもな、私が悩んだりしてることを全部聞いてくれたんははなじりやった。バイトの人間関係、大学のこと、元カレの・・・こととかも・・・それが私にはめっちゃうれしかった。知らん間に好きになとった。でもそのときははなじり彼女おったし・・・」

は「いつから・・・?」

の「・・・だいたい・・・大学1年の終わりくらい・・・」

は「まじで!?2年前やん!?・・・知らんかった・・」

の「うん、はなじりが就職してからあきらめようかなって思ったんやけど、時々メールくれるから・・・忘れられんくて・・・。で、彼女と別れたって聞いたから・・・」

は「・・・・そっか・・ありがと・・」



耳が聞こえなくなったかと思うくらいの静寂がしばらくつづいた・・・



は「寝よっか?」

の「うん。」

は「俺こっちのソファで寝るから・・のり子ベッド使えな。」

の「・・・なんで?いいやん、一緒に寝よ・・?」

は「・・・・・うん・・でも・・知らんで?俺男やで?」

の「・・・ええで・・」


二人でベッドへ。

普通の男なら「いただきます」なのだろうけど

俺はのり子を大切にしたいという思いの方が強かった。

だから今日は絶対に何もしない!そう決めた!


無言で天井を見つめる二人。

久しぶりのシチュエーションになかなか落ち着けない。

の「手・・繋いでいい・・?」

のり子が天井を見つめたまま言った。

俺は無言でのり子の手を探した。

手と手が触れた瞬間に

強く握った。

小さく少し冷たいのり子の手・・・

離さない。

離したくない。















それから少し経って大晦日。

二人とも仕事もなく

近所に初詣に行くことに。

11時にのり子の家に到着。

玄関の前でのり子が待っていた。

助手席に乗り込みブルブルと震えていた。

は「家の中でまっとけばいいやん!」

そういいながらエアコンを強くした。

の「だっで・・・・うぅーさむー・・」


車を発進させる。


は「知ってるやつに出会ったりwwww」

の「もしかしたらwwwびっくりするんちゃうww私らみたらw」

は「www」

少しの会話で地元の神社に到着。

歩いて境内の方へ。

通りには露店が立ち並ぶ。

油の焦げる匂いと冬の乾燥した空気が

体内に入ってくる。

は「ピザボール食う?」

の「何それ!?」

は「たこ焼きのピザ版wwうまいで!」

の「あっ食べたいー!」

少し歩くとピザボールと書かれた

幕が見えた。

は「すんませーん、一つ下さい。」

ヤンキー店員「はい、500円、ありがとうございまーす!」


ホクホクの湯気がたっているピザボールをうれしそうに受け取るのり子。
の「うわー、おいしそう!いただきまーす!」

のり子がパクッと一つ食べた。

の「あー、あふいっ、ほー、あふっ、ほっほっほ・・」

は「・・・何言うとん・・?ww」

のり子はゆっくり口の中を冷ますように空気を吸った。

の「あっつー、でもおいしい!うふっ!はなじりも食べ、はい!」

キタコレ

恒例の「アーンタイム」

俺は周りの目を気にしつつも、優越感を感じながら食べた。

は「あー、うま!うま!」


そして境内へ到着。


誰かにあわへんかなーと思い周りをキョロキョロ。

結局誰にも会わないままお参り終了。

手を繋いで車へ戻っていった。

車に戻って開口一番

は「何おねがいしたん?」

の「えー・・・秘密・・」

は「おもんなー!どうせ健康第一やろ!」

の「そんなんちゃうし!はなじりは安全第一やろーww」

は「おっ、言うねぇ!俺は結構真面目におねがいしたよ!」

の「えー!!何々!??おしえてー!」

は「のり子とずっと居れるように!!」

の「!!!!!!!!!」

は「何照れとんねん!!こっちがはずかしいわ!www」

の「・・・・うん・・・ありがと・・・」

少し浮かない表情ののり子。

は「どしたん?なんかあかんかった?」

のり子は首を左右に振った。

の「・・でも・・」

は「ん?」

の「一緒に・・・・・居れんかも・・・」

そういうと堰を切ったように泣き出した・・・



続く






すみません。次でラストです。




スポンサーサイト
この記事に対するコメント

わお~ん!
ワオ~ン!
最初に最後ってゆってたのにぃ!!
焦らしですね?
いちごの好きな!(笑
待ってマース!
お仕事がんばれ!
【2006/11/07 14:27】 URL | いちご #- [ 編集]


>いちご
すまそ!焦らしっつーか、ね、なんか微妙に長くなってしまうわけwww焦らされるいちご・・・
よっ!!ドM!
【2006/11/07 15:51】 URL | はなじり #- [ 編集]


兄貴~『『漢-OTOKO-』』!!
カッコイイねぇ★(´∀`*)
第1話から全~部呼んだじぇ♪
ラスト、期待してるっスよ~☆(≧∀≦)
【2006/11/07 17:12】 URL | 猫MANMA #- [ 編集]


>猫ちゃん
OTOKO!漢のおいらは君に萌え!
理由なんていらない!ちょっとSっぽいとこに萌え!でも猫っぽくてかわいいとこに萌え!
とにかく萌え!
【2006/11/07 18:50】 URL | はなじり #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ashitagamienai.blog55.fc2.com/tb.php/62-316d678a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。